TORAYCA LAMINATEトレカ®ラミネート

製品概要

東レの炭素繊維 トレカ®による構造物の補修・補強材


トレカ®ラミネートは高強度・もしくは高弾性の炭素繊維を一方高に引き揃え熱硬化型のエポキシ樹脂を含浸させた炭素繊維プラスチック(CFRP)硬化板です。躯体に接着する補強工法で木造構物、小梁、煙突などを補強します。

機能・特徴

トレカラミネート工法の特徴
強度・弾性率に優れた炭素繊維を引き抜き成形で得られたCFRP硬化板(トレカラミネート)を使う工法です。専用のエポキシ樹脂の接着剤を用いてコンクリート構造物の表面に貼り付け、補修・補強を行います。
トレカクロスと同様に軽量であるため、施工にあたり重機が不要や居ながら施工が可能などのメリットがあります。
プライマーは不要な為、トレカクロス工法と比較しても工期を短くする事が出来ます。主な用途としては既存構造物の開口部への補強や荷重増加に伴うコンクリート部材の補強などが可能です。
軽い
荷重増加は僅か。重機が不要です。
縞状施工
下地処理が軽減し、短い工期で作業可能です。

トレカ®ラミネートのカタログはこちらでご覧いただけます。

炭素繊維の説明や炭素繊維 トレカ®の詳しい情報はこちらでご覧いただけます。

東レ トレカ®について

そのほかの事業